« 珈琲工房「すがの」 | トップページ | 納豆が消えた・・・ »

2007年1月15日 (月)

ホルン・レッスン

13日、茅ヶ崎の先生宅にホルンのレッスンに行ってきました。

前回伺ったのは11月初め頃。自分で言うのも何なんですが、9月・10月はほぼ毎日練習していました。しかし、11月のレッスン後に風邪をひき、12月初旬にはウィルス性胃腸炎にかかり、年末は色々とバタバタしてしまい・・・すっかり練習のペースが乱れてしまいました。慌てて年明け早々に練習を再開。

Photo さて、先生宅に到着すると先生の愛犬「マルシュ♂」が熱烈歓迎してくれました。

先生とコーヒーを飲みながら暫し談笑し、レッスン開始!

Maxime_4 Maxime_5

1_2 練習曲集「MAXIME」(写真左・中央)を中心に、先生主催の門下生による発表会で演奏する(つもりの)「ホルン協奏曲第一番(モーツァルト)」(写真右)を見て頂きました。

そして、先生から思いもかけなかった事を指摘されてしまいました。・・・レバーにかける指の位置。・・・基本といえば基本ですが・・・

Photo_1

このように指を伸ばしてしまっては、動きが鈍くなり効率が悪い。何となく判ってはいましたが・・・。

(← 良い子はマネしないでね!)

Photo_2レバーの先にちょっとかけるくらいが良いそうです。・・・これだけで見た感じも「上手く吹ける人」に見えるらしい・・・本当か?!

先生曰く、イメージとしては卵を手のひらで すっぽり包む感じで・・・だそうです。

しかし長年のクセはなかなか直らず、最初は気をつけているのですが、そのうちだんだん元に戻ってしまい、練習中何回か注意を受けました。

次回のレッスンは3月上旬の予定です。

Photo_3 レッスンの様子

・・・微妙に頭の形がおかしいのは、たぶん寝グセです・・・(*^^*)

|

« 珈琲工房「すがの」 | トップページ | 納豆が消えた・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珈琲工房「すがの」 | トップページ | 納豆が消えた・・・ »