« ランチ | トップページ | ホッとココア »

2010年1月11日 (月)

山下清特別展

Photo_8 静岡市の駿府博物館へ、山下清特別展を観に行ってきました。

山下清展は、高校3年生の時に島田の旧ジャスコへ観に行って以来です。(2●年ぶり)

山下清といえば、「貼絵」

数ミリ単位にちぎった色紙で、人物や建物等を表現しているのですが、とにかく緻密で色使いが素晴らしい。他にも、油絵や版画にも才能を開花させました。

彼が全国各地を放浪したのはあまりにも有名な話ですが、島田や金谷にも立ち寄ったようです。テレビドラマから旅の最中に貼絵をしていると思われがちですが、実際は八幡学園や実家に戻ってから、記憶だけで仕上げていたそうです。写真の代表作「長岡の花火」もそうです。彼の記憶力は驚異的です。

彼が実際に使用していたリュックも展示されていて、旅の際は、茶碗・箸・わずかなお金・護身用の小石数個、などを入れていたそうです。

日記も展示してありましたが、彼の日記には句読点がありません。文章がずっと繋げて書かれてありました。理由は彼曰く「喋る時に“まる”だの“てん”だの言わないから」

あともうひとつ、あるデパートでの作品展の時のエピソード。デパートのレストランで昼食をとっていた時、前に座っていた男性が「私なんか山下先生に毛が生えたようなものですよ」と言ったところ、山下清は真剣に

「僕のどこに毛が生えたらあなたになるのですか?」・・・周囲は爆笑だったそうです。

不思議な人ですね。

|

« ランチ | トップページ | ホッとココア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチ | トップページ | ホッとココア »