« マスオさんの名言 | トップページ | ・・・ »

2012年8月27日 (月)

ありがとう

Img_11241s_4私が所属している楽団の団員だったMさんが亡くなりました。楽団のお母さん的存在で、若い団員からも慕われていました。

年は私より2歳上。高校の時の先輩で同じ吹奏楽部に所属、トランペットを担当されていました。その後、縁あって同じ吹奏楽団でのお付き合いが始まりましたが、私から見てもお姉さんというより、やはり「お母さん」 という存在でした。

楽団には高校生の時から30年以上所属され、人生の大半を楽団と共に、、、でした。みんなが尻込みするような仕事も率先してやってくれて、まさに「奉仕の心」・・・彼女にとってはそれが生きがいだったそうですが、私達はそれにすっかり甘えてきてしまいました。

昨年末から大病を患っていたそうなのですが、そんな事実は全く知らず・・・。治療に専念するため楽団を退団された時は、詳しい病名を聞かされていなかったので、「また元気になったら戻ってきてくれるだろう」、、、と簡単に考えていました。

楽団を辞められる時に、複数の団員宛の手紙を頂きました。そこには「楽団を辞める決意をしました」と書かれていました。普通の人なら「辞める事にしました」と書くところを、「決意をしました」・・・彼女にとって、長く在籍した楽団を去る事は本当に苦渋の決断だったのだと思います。
そして、「お見舞いは結構ですよ」とも。今から思えば、きっと過酷な治療を覚悟していたのでしょう。

先週から泣きっぱなしで、母が亡くなった時より泣いているかもしれません。

あ、、、そうだ。母といえば、Mさんは母が勤めていたスーパーの常連さんでした。母もMさんの事は知っていて、店内で会えば挨拶や話をしたようです。

昔、こんな事がありました。
私が独り暮らしをしている時、1ヶ月以上実家に行かず、連絡もしなかった事がありました。
母は心配して、Mさんが買い物に来た時に 「うちの娘は練習に行ってます?」と聞いたそうです。 それでMさんは練習の時に 「お母さんが心配していたよ」と教えてくれました。

連絡しなかったのは特に意味は無かったのですが、翌日慌てて実家に連絡をしたのを覚えています。

母さんと向こうで会えたら、私の話もしてほしいな・・・なんて思いました。

こうしてブログを書いていても、涙が出てきて、しょうがないです。
Mさんには返答に困っちゃうような相談もしたっけなぁ。
いつもニコニコ笑っていて、さり気ない気配りが出来て・・・

Mさ~ん、ありがとっけね!

|

« マスオさんの名言 | トップページ | ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスオさんの名言 | トップページ | ・・・ »