« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

桜・桜

Photo_4

吹奏楽の練習前にちょっと散歩。島田市の快林寺。

Photo_5

Photo_6

ここには昔、幼稚園があって、私はそこに通ってました。

今は幼稚園だった面影はまったくありません。

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

トヨタ博物館

Photo

先日、再びトヨタ博物館に行ってきました。今度は実家の父も連れて。

初代カローラ。父が初めて買った車だそうです。(1966年製)

Photo_2

こちらは最新のレクサス。お値段・・・3750万円!・・・家が一軒買えますね。

なんでこんなに高いんだろう。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

Photo

用事があって会社を遅刻しましたが、途中 満開の桜を見かけて車を停めました。

Photo_2

Photo_3

満開の桜を見ると、どことなく寂しい気持ちにもなってしまいます。

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

チェンバロ

Photo_5

師匠の奥様Y子先生のチェンバロ。

Y子先生はピアノ奏者であると同時に、チェンバロ奏者でもあります。

Photo_6

蓋を開けると、こんな感じ。

Photo_7

このつまみを操作すると、ミュート(弱音)がかかり、琴のような音色になります。

Y子先生が『春の海』のさわりを弾いてくれましたが、まさに琴の音色!

それから、写真を見て判るように、黒鍵・白鍵がピアノと逆なんです。

Photo_8

蓋の下を覗くと、、、この絵がまた見事なんですよね。

Photo_9

ユリ、ポピー、カーネーション

Photo_10

クッククック~♪青い鳥~♪(^-^; 

説明しやすくする為にジャックを1本だけ出していますが、鍵盤を叩くと、このジャックが上下に動いて弦を弾き、音が出るしくみになっています。

チェンバロはなかなか拝めませんから貴重です。 

| | コメント (0)

ホルンレッスン

Photo

茅ヶ崎の師匠宅にレッスンへ行ってきました。

新東名からの富士山です。

Photo_3

先生宅の庭に咲いていた菜の花。

Photo_4

レッスン前にコーヒーとお菓子をいただきました。(うなぎパイは持参したお土産です)

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

ハマっているお菓子

Photo_2

いまハマッているお菓子が、これ。

タニタ食堂監修のゴマのおせんべい。小袋に入っているので食べ過ぎないで済みます。

また、噛みごたえのあるおせんべいなので、少量でも満足感を感じます。

1袋65キロカロリーです。

| | コメント (0)

椿

Photo

3月も中旬になりましたが、椿がまだ蕾です。

例年でしたら2月には満開になっているんですが・・・。暖かいせいですかね。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

アレキ

Photo

買っちゃいました。アレキサンダー社製(ドイツ)のホルン。通称“アレキ”です。中古品ですが・・・。新品だと130万円はします。

ホルン吹きなら、一度は憧れるアレキ。渋谷区の某有名楽器店で購入しました。事前にお店にアポを取ってから行きましたが、その2日前に入荷したばかりでした。。ナイスタイミング♪

この前に使っていたホルトン社製(アメリカ)のホルンは暗めの音色でしたが、アレキは明るめの音が出ます。

購入して2ヶ月がたちましたが、まだまだ使いこなすには時間がかかりそうです。

Photo_2

このエンブレムがいいんですよね~♪

| | コメント (2)

2013年3月 7日 (木)

吊るし雛

Photo_2 

吊るし雛

義母の手作りです。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

ホルン・レッスン

Photo_3

師匠宅でホルンレッスンを受けてきました。(写真は主人)

4月に門下生の発表会があり、その時演奏する曲をピアノ伴奏付きで練習しました。

私は楽器を変えてから初めてのレッスンで、最初は緊張しなかったのですが音がうまく出ず、冷や汗ものでした( ̄Д ̄;;

最後の方は音も出るようになりましたが、まだまだの出来でした。

Photo_7

先生のお宅の庭は梅が満開。桜の木もあるので、あと数週間すれば、今度は桜が楽しめます。

Photo_8   

レッスン後、師匠夫妻とお蕎麦を食べに行きましたが、そこの蕎麦屋でもお雛様が飾られていました。

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

お雛様

Photo_5

義母がお雛様を飾りました。(私はテーブルを出しただけ・・・)

このお雛様、かなり大きいです。こんなに大きいのは、あまり見かけません。

Photo_6

前から見ると、こんな感じです。

| | コメント (0)

短歌

Photo

主人の母の短歌です。『亡夫』とは、主人の亡くなった父親になります。

この短歌は、亡くなったお義父さんの湯のみでお茶を飲みながら、お義母さんが考えたそうです。

お義父さんの湯のみは、すごく大きくて重いんです。

手も大きかったんでしょうね。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »